コンプライアンス業務の求人像

コンプライアンス業務の求人について

コンプライアンス業務の求人像について

コンプライアンス業務の求人・転職市場の動向について、求職者と採用する企業 側の両方の動向を説明していきます。

→転職希望者
近年、企業の中で契約法務を中心に経験して来た方が、コン プライアンス業務も含め、幅広い業務に就きたいという希望が増えているようです。
また、これまでに様々な法務業務を経験して来た方が、コンプライアンス専門の担当 職に就きたいということで、動き始めているようです。

→採用を希望する会社側
企業の法務部門からの求人では、大半が契約法務 中心の業務となるようです。
また、大手企業では専門の部署を設けている所も見受けられますが、コンプライアン ス業務の求人数としては、まだまだ少ないと思われます。
現状を見ると、法務部門の中で他の法務業務と併せてコンプライアンス業務に対応す るという形態が大半のようです。
コンプライアンス業務の求人・転職についてはコチラから→弁護士・法務・コンプライアンスの求人・転職支援

コンプライアンス業務の求人の全般的な採用傾向として、これから 求められる人材は、実務経験だけではなくグローバル化への対応能力を持つ人と思わ れます。
英語が主になりますが、ビジネスレベル以上は必須で、語学力だけではなく、思考も 曖昧さを持つ日本人型からハッキリしてドライな海外型へチェンジする必要もありま す。
コンプライアンス業務の求人では、知識だけではなく経験に基づく的確な対応力も求 められます。